松谷武判 松谷武判

松谷武判

松谷武判

1937年大阪市に生まれる。初めは日本画を志し、1957年西宮市展日本画部に入選。1960年より吉原治良に師事し、第9回具体美術展に出品。1962年からビニール接着剤を用いたレリーフ状の作品を制作、吉原に高く評価され、1963年具体美術協会会員となる。1966年第1回毎日美術コンクールで大賞を受賞しその後、渡仏。1967年S・W・ヘイターの版画工房に入り、数々の国際版画展で入賞を果たす。1980年代からビニール接着剤で盛り上げたカンヴァスを鉛筆で黒く塗りつぶす作品を発表。2019年6月にはポンピドゥーセンターでの個展が開催されるなど現在も国際的な活躍を続けている。

ARTWORKS

IMAGES

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。