Opening Reception: 11.10, 4:00 – 7:00 PM
作家在廊予定。

このたびホワイトストーン・ギャラリーでは「サイエンスはアートである」という概念を打ち出し、その世界的権威者である河口洋一郎先生の初個展を開催する運びとなりました。

河口先生は1995年のヴェネツィア・ビエンナーレに隈研吾、崔在銀、千住博、日比野克彦と共に出品。未来のアート像を先取りした作品は高い評価を受けました。その後、学者として東京大学大学院で20年間にわたり教鞭をとり、2018年フランスPrix Bains Numériques にて栄誉賞を受賞、さらにCG界の最高位であるSiggraph Academyの殿堂入りを果たされました。コンピューターを使い生命の進化の過程を究明する研究に没頭、5億年前の生命体からグロース(自己組織化)モデルを創出し、現時点から5億年後の生命の姿を立体造形することに成功されたのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチは科学者であると同時に優れたアーティストでもありました。河口先生は、サイエンスとアートが対峙し相互に刺激し合う、アートの歴史上未踏の境地を現出させました。

多くの方々にご来場いただき、10億年の時空の旅を楽しんでいただければ幸いです。

Ginza New Gallery

 

6-4-16 Ginza, Chuo-ku Tokyo, 104-0061, Japan

Tel: +81 (0)3 3574 6161


Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Monday

More Info

ARTIST

KAWAGUCHI YOICHIRO
Yoichiro Kawaguchi was born in 1952 in Tanegashima, Kagoshima. While studying at the Department of Visual Design Kyushu Institute of Design (now Kyushu University), he began experimenting with CTR graphic displays and completed his first CG work, "Pollen" in 1975. The year after, he began a full-scale study of growth models and created his first work, "Shell" in which the "self-propagating growth models" has remained a constant theme. Through the CG images, we can experience the "growth" of the work itself as it multiplies its cells from a formative algorithm of a complex life form. Kawaguchi's work evokes the sensation of "entering the body of an alien life form", and in 1982 he presented his formative paper "GROWTH Model" at SIGGRAPH '82 (USA), the world's foremost international conference on computer graphics. In 1986, he was invited to the 42nd Venice Biennale, and in 1995 he represented Japan at the 46th Venice Biennale. Since 2000, he has been a professor at the University of Tokyo's Graduate School of Environment and Information Studies, and in 2013, he was awarded the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology's Art Encouragement Prize.

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。