この度ホワイトストーン銀座新館では、前川強個展を開催致します。
1954年に設立された前衛美術集団「具体美術協会」の第二世代を代表する作家の一人である前川は、ドンゴロス(麻布)を用いたレリーフ状のタブローを代表作とし、抽象表現主義的傾向の強い具体のなかでも物質性の強さで異彩を放っています。「人の真似をするな」「これまでにないものをつくれ」という吉原治良の指導のもと、前川は柔軟性と強固さを併せ持つ麻布の特性を活かすことで、大胆かつ繊細な未踏の造形を実現してきました。1972年の具体解散は、前川にとって従来の彫刻的な側面を残しながらも新しい表現方法を模索し、洗練の度合いをさらに高める転換期となりました。

本展では、80年代半ばから実験的に制作されたシリーズを中心にご紹介します。綿布に繊細な縫いを施し、アクリル絵の具を吹き付けて作られた美しいグラデーションの絵肌は、ドンゴロスと油彩を用いた力強い作品とはひと味違う、洗練されたカラフルでポップな新境地を見せてくれます。この貴重な機会を是非ご高覧下さいませ。

Ginza New Gallery

 

6-4-16 Ginza, Chuo-ku Tokyo, 104-0061, Japan

Tel: +81 (0)3 3574 6161


Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Sunday and Monday

More Info

ARTWORKS

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。