Opening Reception: July 26, 5:00 – 7:00 PM

上前智祐が他界し1年—70年を超える画業を集大成した没後初の本格的回顧展を、ホワイトストーンギャラリー銀座本館にて開催いたします。「具体」時代の作品のみならず、初期の具象作品、「具体」解散後の「縫い」、版画、ミックスメディアを使った最晩年の作品に至るまで、作家の多彩な制作手法を俯瞰できる様な展示となっております。上前智祐は、具体美術協会に所属しつつも所謂パーフォーマンス系のアクション・ペインティングとは一線を画し、地道な手作業の積み重ねを大切にしながら非具象の世界を独自に探究し続けました。日本のみならず、世界のアートシーンの中でもユニークな存在感を放つ、上前智祐ワールドをご堪能頂ければ幸いです。出展に関しましては、上前智祐記念財団、ホワイトストーンギャラリーの所蔵品に加え、大阪府立江之子島文化芸術創造センターにご協力を賜りました。
是非ご高覧を賜りますよう、ご案内申し上げます。

Tokyo

 

5-1-10 Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan

Tel: +81 (0)3 3574 6161


Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Monday (August 12-19)

More Info

ARTIST

UEMAE CHIYU
While GUTAI being highly acclaimed in recent years, Uemae is one of the oldest witnesses of the group and its period. In contrast to Shimamoto, the charm of Uemae consists in the elaborated matières and its accumulation of introspective energies. Experiencing various jobs such as crane operator, apprentice to traditional dyeing factory in Kyoto, Uemae studies firstly Chinese "Nan-ga" as self-taught, then shifts to oil painting. In 1953, Uemae meets Yoshihara, since then, the artist takes part in every Gutai exhibition until its dissolution. His wide-ranging creation from two-dimensional works which are composed of pattern accumulation by painting knife or of sensitive stitch to sculptural works made of wood or saw dust, comes from his broad experience in his adolescence.

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。