MADARA MANJIは、1988年東京都生まれ。高校卒業後、作品の基礎となる彫金技術を学ぶために京都に移り、彫金師に弟子入り。その後、アーティストを志し、様々な金属加工の基礎を身につけ、現在も独学で作品を発表している。

日本の伝統的な彫金技法である木目金を習得し、シンプルでモダンな彫刻を制作している。木目金は、今から約400年前の江戸時代初期に開発されたといわれ、異なる金属を重ねて精巧な模様を作り、美しさと力強さを象徴する武士の刀に装飾されていた。しかし、武士の文化が衰退するにつれ、手間と時間のかかる「木目金」はほとんど姿を消した。だが、近年になって海外の美術館によるコレクションや研究が進み、再び世界的に注目されるようになった。そして何よりも、MADARA MANJIは伝統工芸を創作の手段として初めて取り入れた先駆者である。

厳格な生活を送る作家は、最もシンプルな道具(ハンマー)を使って金、銀、銅、真鍮などさまざまな非鉄金属の素材を繰り返し打ち込んでいる。人間の内なる思考と同じように、長い時間をかけて形成された創造物は、完全には相容れないが、美しいパターンを見せる。相容れない思考や感情が同時に衝突し、相殺されると極限の状態で前進、進化する。このような不条理と超越は、個人内にとどまらず、自分と他人、さらには社会全体との間で一致する。それが人間の生存の美徳である。

img-tw-madara-manji-112021-photo01

img-tw-madara-manji-112021-photo02

img-tw-madara-manji-112021-photo03

Taipei Gallery

1F, No.1, Jihu Rd., Neihu Dist., Taipei City, 114, Taiwan (R.O.C)
Tel: +886 2 8751 1185
Fax: +886 2 8751 1175
Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: 月曜

More Info

ARTIST

MADARA MANJI

ARTWORKS

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。