Opening Reception: 08.05, 4:00 – 7:00 PM
作家在廊予定

ホワイトストーン・ギャラリー台北は、ラディー・ジョン・ディルの初の個展である『静かなる輝き: 台湾』展を8月5日より開催致します。1970年代にカリフォルニアで起こった「ライト&スペース・ムーヴメント」のメンバーとして、ラディー・ジョン・ディルは光と空間、感覚との間に横たわる関係性を探ってきました。本個展では、ニューヨーク近代美術館に収蔵された「ライト・プレイン」(1969)のほか、ジョン・サイモン・グッゲンハイム財団に特別奨学金を授与された「ヴェニスに死す」などの代表作も展示致します。

ラディー・ジョン・ディルは1943年、カリフォルニアのロングビーチ生まれ。シュイナー美術学校を1968年に卒業後、版画の見習工として修業を始め、ロバート・ラフシェンバーグやクレス・オルデンバーグ、ロイ・リキテンシュタイン、ジャスパー・ジョーンズといった錚々たるアーティストと制作を共にします。1971年にはイレアンナ・ゾンアベント画廊でニューヨークでの初の個展を開催。「光と空間」による展示をニューヨークで初めて行ったロサンゼルスのアーティストとして注目を集めます。1970年代より、光と地上にある物質(コンクリート、ガラス、砂、金属など)とを組み合わせ、発光する彫刻やインスタレーションなどのさまざまな立体作品を発表。その名声を確固たるものとしてきました。1969年の作品である「ライト・センテンス」と「ライト・プレイン」はアメリカ国内のみならず国際的にも広く巡回し、近年に到るまで人々の関心を集めています。

ディルの作品は国内外の著名美術館に多数収蔵されており、ニューヨーク近代美術館、ロサンゼルス・カンティ美術館、サンフランシスコ近代美術館、ハイ美術館(アトランタ)、フィリップス・コレクション(ワシントンDC)、シカゴ美術館、スミソニアン美術館(ワシントンDC)、ルイジアナ近代美術館(コペンハーゲン)、ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会(ナポリ)、サインディエゴ現代美術館、フメックス美術館(メキシコシティ)などが代表例として挙げられます。作家は現在、カリフォルニアのヴェニスにスタジオを構え、制作活動を続けています。

この貴重な機会を是非皆様にご高覧賜りたく、ここにご案内申し上げます。

Taipei

 

1F, No.1, Jihu Rd., Neihu Dist., Taipei City, 114, Taiwan (R.O.C)

Tel: +886 2 8751 1185


Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Monday

More Info

ARTWORKS

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。