1998年神奈川生まれ。幼少期の数年間をオランダで過ごした塩沢かれんは現在、東京造形大学大学院に在学中。作品を媒介としたコミュニケーション領域の拡張を一貫して模索。幼少期の記憶や日々の生活のなかでの感覚を平面に落とし込むほか、視覚以外で認識する世界の表象をめざし、音や光、立体など五感に働きかける表現形態を開拓している。国立新美術館で開催されたアジア創造美術展2018にて、最優秀造形賞受賞。

塩沢の作品で主要な光景を成すのは、無限に広がる銀河系。木板にアクリル、油彩、アルキド樹脂を用い、天の川の光と影が織り成す魅力的なレイヤーを構築している。オランダで育った塩沢の構図や線描には、木製の風車やクラシックなアーチ、教会の尖塔といった、ヨーロッパ的な要素が頻出する。幻想的かつリアルなシーンを表現するため、塩沢は大小様々のペンで絵具を削り取る。その絵画を通じ、観る者は内在する意識と、現実世界に開いた風穴との架空の繋がりを垣間見ることができるだろう。


Taipei Gallery

1F, No.1, Jihu Rd., Neihu Dist., Taipei City, 114, Taiwan (R.O.C)
Tel: +886 2 8751 1185
Fax: +886 2 8751 1175
Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: 月曜 / 祝日

More Info

ARTIST

塩沢かれん
1998年神奈川生まれ。幼少期の数年間をオランダで過ごした塩沢かれんは現在、東京造形大学大学院に在学中。作品を媒介としたコミュニケーション領域の拡張を一貫して模索。幼少期の記憶や日々の生活のなかでの感覚を平面に落とし込むほか、視覚以外で認識する世界の表象をめざし、音や光、立体など五感に働きかける表現形態を開拓している。国立新美術館で開催されたアジア創造美術展2018にて、最優秀造形賞受賞。

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。