作家の御子息、鷲見裕久氏在廊予定

嶋本昭三とAUの合同展にひき続き、ホワイトストーンギャラリー台北では『具体 / 鷲見康夫』展を10月7日より開催致します。

1925年大阪に生まれた鷲見康夫は、1955年より具体美術協会に加入、そろばんやバイブレーター、雨傘を用いた革新的な技法で知られています。鷲見の作品がもつ動勢のなかに張り巡らされた緊迫感は、混沌とした宇宙からのどかな風景までの触れ幅の激しさを特徴とします。美術評論家の加藤義夫氏いわく、鷲見康夫の表現能力とそのパワーは、常人には到底およびもつかないようなインスピレーションの閃(ひらめ)きとしてたち現れ、それは典型的な具体の手法でもってアートとなるのです。嶋本昭三によれば、鷲見の芸術は、ブラシの痕跡のことごとくが鷲見康夫という人間の個性に統合されている、と賞賛しています。鷲見の制作モットーが「やけくそ・ふまじめ・ちゃらんぽらん」であったことは知られているとおりです。

本展では、メッシュを用いた作品からカンバス、紙作品に到るまでの多様な鷲見康夫の作品を展示致します。作家の自由な魂のエネルギーをひとりでも多くの方にご高覧頂きたく、ご案内申し上げます。

Taipei

 

1F, No.1, Jihu Rd., Neihu Dist., Taipei City, 114, Taiwan (R.O.C)

Tel: +886 2 8751 1185


Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Monday

More Info

ARTIST

鷲見康夫
Yasuo Sumi starts painting while working as high school teacher alongside with Shozo Shimamoto, one of the founding members of Gutai Art Association. Sumi who uses soroban (Japanese abacus) as the material of teaching mathematics, discovers by chance that there is beautiful trace left after rolling painted soroban on paper. Since then, soroban becomes synonym for Sumi's technique as well as vibrator and traditional umbrella. Sumi joins to Gutai in 1955 and continues to exhibit his works at each subsequent Gutai exhibition until its disbandment. The number of improvisational creations reflected his three principals "desperation, absence of seriousness, irresponsibility" is praised by the leader of Gutai, Jiro Yoshihara. As well as Shimamoto, Sumi experiences many exhibitions in Europe and USA, gets popularity especially in Italy.

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。