セバスチャン・ショームトン: Movements of Mediums

Seoul

2024.03.30 – 04.28

本展は、ショームトンの韓国での初個展となり、子供向けの絵本として長く愛されてきた「Mr.Men」シリーズのイメージにインスパイアされた擬人化されたキャラクターを通して、動き、素材、メディウムの魅惑的な探求を提示します。

展覧会の特別企画として、ショームトンはギャラリースペース内に壁画を制作し、鑑賞者がアーティストの制作過程に積極的に関わり、交流するユニークな機会を提供します。

ショームトンは、アイデアが持つ純粋で根本的な本質に近づき、それを創造的に単純化することに重点を置いているイギリスの次世代作家である。しばしば言葉の多義的な意味を巧みに活用して芸術的なプロセスに導くこともあり、作品を通して言語とイメージの間の動的な相互作用に焦点を当てて作品を制作している。そのため、今日のデジタル時代において、ミーム(meme)やメディアを強力なコミュニケーション形態として非常に重要視し、それを積極的に作品に反映している。

一般的に使われている「ミーム(meme)」という言葉の語源がギリシャ語の動詞「mimeisthai(模倣する)」と「gene(遺伝子)」の融合から来ていることに興味を持ち始め、ショームトンは同じような特徴を持つミームと遺伝子の間に興味深い類似点を見出す。遺伝子のように、ミームは情報を複製し伝播する驚くべき能力を持っており、家族の世代を通じて直線的に伝達したり、ウイルスの伝播と同様に横方向に情報を伝達することができる。また、本質的にミームは文化的な生態系内で繁栄し、多様なアイデアの巨大なプールの中で選択的な圧力に反応する。ショームトンは、このようなメディアとしてのミームが、社会におけるアイデアの生き生きとしたダイナミクスと、それらが論争からユーモアまで様々な要因の影響を受けながら伝播することを考察する。比喩的な意味で、ミームは生きている生命体のように活動し、繁栄していくものであり、作家は自分のアートも同様の方法で機能していると語る。彼は美術史の技法や媒体をこれらの形式と比較しながら、絵画の素材に与える価値を再認識しようとしている。

それだけでなく、ショームトンの創造的なプロセスは、遊びのような即興性の精神を含んでいる。作家の想像力がキャンバスの上の様々な素材や媒体の探求に導き、このような自由なアプローチを通じて、作品の中に子供の頃の純粋な楽しさと好奇心の精神を吹き込んでいる。

今回の展示で紹介するMr.Menシリーズ作品も、児童書Mr.Menの表紙を作家が再解釈した構成で、幼少期の純粋なシンプルさを込めて制作した。これは、デジタルメディアの圧倒的なイメージと相反するシンプルで楽しい対比を観客に提供する。触覚的でプロセス重視のアート制作方法を採用することで、作家は観客をより思索的な体験に導き、作品制作に使用される様々な媒体の特性を詳細に鑑賞するように導きます。作家はこの展覧会を通じて、観客がオンラインの世界の即時性とは対照的に、ゆっくりとした視線で全体的な展示のニュアンスを楽しむことを勧めている。

ABOUT

セバスチャン・ショームトン: Movements of Mediums
2024.03.30 – 04.28

Seoul

70 Sowol-ro, Yongsan-ku, Seoul, Korea
+822 318 1012
+822 318 1013
Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: Monday
More Info
お困りのことはございませんか?
作家・作品をより詳しく知りたい方はこちら

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。