De/construct: 前川強、ワン・イー、スニク・クォン

HK H Queen’s 7-8/F

2023.07.06 - 08.17

INTRODUCTION

ホワイトストーンギャラリーは、日本の具体美術の第二世代を代表する前川強、中国の新進抽象画家ワン・イー、そして瞬間の美を提示する韓国のスニク・クォンという日中韓の3人のアーティストによるグループ展「De/construct」を開催いたします。概念や前衛的な思想を解体する彼らのユニークなアプローチは、純粋に抽象的でミニマルな作品を通して、東洋の哲学や本質、そして生命の光やエネルギーを含む生きた経験に対する独自の解釈を表現している。彼らは芸術的実践、ジェスチャー、素材の特性などに対して独自の実験を行い、絵画の表現や抽象の可能性を広げている。

TSUYOSHI MAEKAWA

具体美術協会第二世代のアーティスト、前川強(1936年大阪生まれ)は、そのキャリアを通じて麻布を代表的なメディウムとして使用してきた。前川の作品は抽象表現主義の傾向が強く、その驚くべき素材使いで知られている。ミシンと手を使って麻や麻布のキャンバスに意図的にシワやテクスチャーをつけ、ねじったり、切ったり、ちぎったり、変形させたりして、突起や空洞の奥行きを作り出すという実験的な手法は、彫刻と絵画の境界を曖昧にする前代未聞の作品となった。彼の当時としては革新的な方法論は、物質性と抽象概念の探求を促している。潮の満ち引きのようなシンプルで力強い線と、色鮮やかな色調は、身体、精神、芸術行為を結びつける前例のない芸術的対話を生み出している。

ABOUT

問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

WANG YI

ワン・イー(1991年生まれ)は、古典的な絵画技法、標準化された工業材料、現代都市の形態、哲学的概念を多次元的に組み合わせ、自然要素、イデオロギー、人類の歴史の抽象的表現を探求し、一と全体、即と長、手作りと機械といった視覚的逆説を形成している。ワン・イーは、中国抽象画の新世代の典型的な作家の一人であり、その多くは政治や社会に対する明白な論評を行うのではなく、純粋に抽象的な形式の中での現実への批判と対決に根ざしている。 ワン・イーの作品は、象徴的な構造、色、形、素材を媒体として、クロスメディアの抽象言語を広範囲に広げ、中国独自の状況、社会的メカニズム、文化的現象と融合させ、新たな内的意味を育てている。

ABOUT

問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

SOONIK KWON

韓国の現代アーティスト、スニク・クォン(1959年ソウル生まれ)は、韓国における単色画運動の魅力と精神を拡張し、最小限の「点・線・面」を使ってたゆまぬ研究と瞑想の筆致で、オーラとエネルギーを含むあらゆる瞬間を「ありのまま」に描き出す。スニク・クォンは微細な土と顔料を混ぜ合わせ、キャンバスに様々な色を重ね合わせることで、明るく鮮やかな色彩の場を作り出している。本展で展示される「Interstice」シリーズには、時間の蓄積と物理的空間の関係性や調和に対する作家独自の哲学的見解が盛り込まれている。キャンバスを囁くように移動するミニマルなジェスチャーの繰り返しによって、鑑賞者は静かで忘れがたい瞑想的な空間に浸ることができる。色合いとテクスチャーのグラデーションは、絵の表面の筆跡の積み重ねによって変化し、瞬間瞬間の流れと作家の研究の成果を示している。

ABOUT

De/construct: 前川強、ワン・イー、スニク・クォン
2023.07.06 - 08.17

香港 / H Queen’s

8F / H Queen’s, 80 Queen’s Road Central, Hong Kong
Tel: +852 2523 8001
Fax: +852 2523 8005
Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: 日曜、月曜
More Info
お困りのことはございませんか?
作家・作品をより詳しく知りたい方はこちら

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。