ホワイトストーン・ギャラリー H Queen'sは、第30回ル・フレンチ・メイの共同プロジェクトとして、フランス人アーティストのクレマン・ドゥニとファビアン・ヴェルシェール、日本人アーティスの塩沢かれんによるグループ展「Contrasting Confluences」を開催する。本展示ではアクリル、油絵、水彩画の作品を展示している。抽象から具象までそのアプローチ方法は様々であるが、それぞれが絶妙に世界を見て、解釈し、表現しており、シンボルとアイデンティティの価値を探る。

クレマン・ドゥニはコミュニケーションにおける障壁を研究し、モザイクや絵画等の多元的な作品をもって、芸術実践を人類が置かれている岐路に持ち込もうと試みるアーティストだ。彼の人類学に対する研究は、肖像画に派生し、人々を同じような混乱に誘う。事実、彼にとって個人的な経験を共有することは、作品を作ることにあたっての前提条件である。過去10年間で、ドゥニはつくり上げられた記憶について研究を重ねると同時に、絵画実践における意識の場所としての身体を探求してきた。時が経つにつれて、彼の作品は暗くて深い情景から、曲がりくねった線と明るくクリアな色合いを使ったより広大な作品へと変化していく。 2021年、コロナウイルスによるロックダウンにより、彼はノアールムーティエ島に行くことになり、そこで見たまるで予知夢のような夢から、「The River Song」シリーズを生み出すことになる。夢の中でドゥニの家や島は水に飲み込まれ、視界には木の頂や屋根だけが現れた。これがきっかけで彼は、気候変動の無慈悲さとその自然への影響、そしてその先にある災難に直面した人間の避けられない道について考えるようになる。 「私が水の流れを描くのは、水が私たちを飲み込みうるからだ。」とクレマン・ドゥニは語る。

ファビアン・ヴェルシェールは幼い頃より、古代ギリシャの画家アペレスの「線を描かない日は1日たりともない」という格言に従ってきた。それにもかかわらず、ヴェルシェールが現実とする世界は、あまりにも神秘的であり、歴史の背後に隠されているようだ。彼は生まれながらに原因不明の病気を患い、15歳まで入院生活を送っていた。彼が人間の状態に焦点を当てた作品を作り、探求するのも自然なことである。 ヴェルシェールが語る物語は、決して現実と乖離しているわけではない。特に、生と死、美と排斥の対比を熱心に描いた。幻想と現実の間の宏闊な混沌の中で、彼はサーカスやおとぎ話、漫画、そして自らのファンタジーの世界を呼び起こし、縛りなき想像力が生み出した新種のモンスターやキメラを通して、現実に向き合うよう、私たちに呼びかける。ヴェルシェールは、水彩画、デッサン、絵画、インスタレーション、映像作品を好み、最近では木や陶器へのペイントを試みている。ヴェルシェールの作品を見た者はみな、美しい幻想と悪夢の間の世界に陥るだろう。困難の中にも慰めの源を探しながら、彼は恐れと放棄を養うものから美しいものを作り出しているのだ。

塩沢かれんは作品の中で、無限に広がる銀河を描き、遠く失われた記憶を表現する。コミュニケーション領域の拡大を常に追求し、木製のボードにアクリル、オイル、アルキド樹脂を媒介として、独創的で美しい光と影のレイヤーを持つ銀河を作り出す。

オランダで育った彼女の作品には、木製の風車、クラシカルなアーチ、教会の尖塔など、ヨーロッパの風景を構成する要素が多く取り込まれている。多様な大きさのツールを使って塗料を少しずつ削り落とし、幻想的でありながらリアルなシーンを表現する。展覧会の注目作品の一つである「Crystal Church(2022)」は、光のベールにつつまれた教会のような、ステンドグラスを通過した光が互いに重なり合う様子を描いている。それはまるで彼女の子供時代の思い出がガラスの宝箱から湧き上がるかのようだ。

「異なる人々の意識と意識、認識と認識をつなぐことで、現実の世界では見過ごされがちな人々の心の声を捉えられる作品を作りたいと思っている。」塩沢はそう語る。

ル・フレンチ・メイについて

ホワイトストーン・ギャラリーは第30回ル・フレンチ・メイの共同プロジェクトのグループ展に出展する。ル・フレンチ・メイへの参加は今回が初めて。1993年に始まったル・フレンチ・メイは、アジア最大の芸術祭の1つである。例年5月から6月にかけての約2か月にわたり、150以上のプログラムが開催され100万人以上が参加する、アートの街・香港を象徴するイベントとなっている。過去29年間、ル・フレンチ・メイは国際的な視点を持って、香港の歴史とアジアの世界都市としての位置付けに沿って、香港の地から魅力を発信している。

HK H Queen’s 7-8/F

7-8/F, H Queen’s, 80 Queen’s Road Central, Hong Kong
Tel: +852 2523 8001
Fax: +852 2523 8005
Opening Hours: 11:00 - 19:00
Closed: 日曜, 月曜

More Info

Opening Reception

16:00-19:00, 2022年5月3日(火)

お困りのことはございませんか?
作家・作品をより詳しく知りたい方はこちら

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。