キム・ドッカン:Trace of Time

Beijing

2024.04.13 - 05.11

INTRODUCTION

ホワイトストーン・ギャラリー北京は、2024年4月13日から5月11日まで、キム・ドッカン(1981年生まれ)の個展「Trace of Time」を開催いたします。本展は、作家にとって北京での初個展となり、オープニングは2024年4月13日(土)午後3時から5時まで、作家本人も出席いたします。作家は過去の時間を積み重ね、取り除くことで、過去と現在を「同一平面」に置くイメージを作り出そうとしている。

キム・ドッカンは10年前から寺院の仏像修復に携わっている。韓国の慶州にある寺院で、彼は誰もその存在を知らなかった1000年前の仏像を発見した。仏像の表面をはがすと、ロシアの入れ子人形のように何層にも重ねられ、まったく新しい仏像になっているのを発見し、作品のインスピレーションを得るとともに、「よく見なければ見えないもの」について考えるようになったという。漆の木が樹脂を分泌して傷を保護し癒すように、作家もまた、漆を使った作品を通して、観客が自分の人生を振り返り、自分の心を知り、人生の傷を癒すことを願っている。

キム・ドッカン

"積み重ねることは誰にでもできることだが、その積み重ねを見直すことは容易ではない"
感情、記憶、経験、私たちのあらゆるものは、時間の経過とともに自然に蓄積されていく。今の私たちの型は、過去の積み重ねでできている。絵を変えながら過去の自分を見直す。過去の感情や経験を色に表現し続けることで、常に自分自身を見つめ直しているのです。

キム・ドッカン

彼の作品は通常、圧力をかけて傷をつけるため、主に木製パネル、ステンレス、アルミニウムなど比較的硬い素材を用いて制作される。 作品はまず木製パネルを作り、その上に綿や麻布を貼り、伝統的な方法で表面の穴を埋めていく。 重ねたり剥がしたりを繰り返しながら作品は徐々に完成していく。同時に、「漆」に様々な無機顔料を混ぜることで、作家は人生の記憶や感情、経験を表す独自の色を作り出す。

本展のメインとなる作品シリーズ「OVERLAID SERIES No.24-01」は、映画『インターステラー』の主題歌「First Step」にインスパイアされたもの。作家は、人類が未知の宇宙へ踏み出す第一歩の壮大さ、緊張感、興奮をこの展覧会で表現している。この映画は、時間と空間の歪み、過去と未来のつながりや情報の重要性を扱っており、彼の作品のテーマと密接に関係している。そのため、音を視覚に変換できるAPO SOUND社の協力を得て、音楽を色に変換し、そのデータを分析して色の分布や知覚を調整している。時に荒々しく、時に柔らかい絵の表面をやすりで削ることで、作家は音楽のリズムの変化を色のコントラストで反響させている。

問い合わせ

作品リストをご希望の方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

問い合わせ

作品リストをご希望の方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

ABOUT

キム・ドッカン:Trace of Time
2024.04.13 - 05.11

北京

Sevenstar Street (E.), 798 Art District, No.4 Jiuxianqiao Road, Chaoyang District, Beijing 100015, China
Tel: +86 10 59920796
Opening Hours: 11:00 - 18:00
Closed: 日曜、月曜
More Info
お困りのことはございませんか?
作家・作品をより詳しく知りたい方はこちら

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。