綿引展子 綿引展子

綿引展子

綿引展子
綿引展子

2008年よりドイツのハンブルクに在住し制作をつづける。武蔵野美術学園で版画を学び、広告代理店・障がい者施設などに勤務する傍ら制作を始める。写真などをコラージュ的に用いたオブジェから出発し、和紙やテキスタイル、オイルパステルによる現在のスタイルへ行き着く。自己を内省し他者との関わりまでを深く掘り下げたテーマ、不思議な表情を湛えたモチーフ、散文的なタイトルなど、忘れがたい余韻を残す作風は高く評価されている。1997年と98年、作家の登竜門とされる「VOCA」展に2年連続で推挙され、以後国内はもとよりドイツを中心とした欧州各地、南米などで展示を行う。2011年よりFUKUSHIMAをテーマとしたプロジェクト『TEGAMI』を発信。

ARTWORKS

GALLERY EXHIBITIONS

Fantasia: Go Yayanagi, Nobuko Watabiki and Miyako Terakura

HK H Queen’s 8/F
2024.05.18 – 06.15

Three In One: Art of WATABIKI

Taipei
2023.11.25 – 12.30

綿引展子:絵に描いた餅—Pie in the sky

Ginza New Gallery
2022.11.11 - 12.03

MAJOR EXHIBITIONS, COLLECTIONS

SOLO EXHIBITIONS (extract)

2022
「絵に描いた餅-Pie in the sky」Whitestone Ginza New Gallery, 東京
「互いにつなぐもの 手でささやく」東川町、北海道
2021
「分つことのない線をそっとなぞる」Hauptkirche St. Jacobi、ハンブルク
2020
「PARADIES」アトリエ奨学金修了展 Goldbekhof. e. V、ハンブルク
2019
「家族の肖像」Künstlerhaus Hamburg – Bergdorf, ハンブルク
2018
「狐は多くのことを知っていて、ハリネズミは大きなことを知っている」Museo de Arte Contemporáneo “Florencio de la Fuente” de Requena, バレンシア、スペイン
「むき合わせて」Facing Each Other is Intended、Galerie Renate Kammer、ハンブルク
2017
「となりのもの音」愛知県立芸術大学サテライトギャラリー、名古屋
「Hase und Igel meet Usagi To Kame」Marschtorzwinger, Buxtehude、ドイツ
2016
「NOBUKO WATABIKI: Yume Asobi」Whitestone Gallery HK Hollywood Road, 香港
2013
「Versuchsanordnung」実験装置、ハンブルク市役所
2010
RuArts Gallery, Moscow、ロシア
2009
Frise Künstlerhaus Hamburg e.V.、ハンブルク

 

GROUP EXHIBITIONS (extract)

2021
「SERIES Prints from Warhol to Wool」ハンブルク市美術館
2021
「I S O R A」GALERIE HENGEVOSS-DÜRKOP、ハンブルク
2020
「Spring Accent : Japanese contemporary art」Whitestone Gallery Taipeii、台湾
2019
Art camp in Bercel Kastely、ハンガリー
「BELVEDERE」Kawahara Krause Architects and Nobuko Watabiki, Planten un Blomen、ハンブルク
都美セレクション グループ展 2019「彼女たちは叫ぶ、ささやく − ヴァルネラブルな集合体が世界を変える」東京都美術館
2017
「NARATIV」KulturBäckerei、リューネブルク、ドイツ
「I Love Taiwan」Whitestone Gallery Taipeii、台湾
2013
「Skulpturenprojekt Wallanlangen」スターデ、ドイツ
「POESIA」Art works from the Reinking Collection, Städtische Galerie Delmenhorst, ドイツ
「アジアをつなぐ-境界を生きる女たち 1984–2012」福岡アジア美術館、沖縄県立博物館・美術館、栃木県立美術館、三重県立美術館
2012
「DOMANNI」国立新美術館、東京
2005
「愛と孤独、そして愛」MOT Annual 2005、東京都現代美術館
2003
「City_Net Asia 2003」, ソウル市美術館、 韓国
1999
「メディテーション–真昼の瞑想」90年代の日本の美術、栃木県立美術館

 

COLLECTIONS

Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts (Tochigi)  / Collection Reinking (Germany) / Japan Energy Cooperation, etc.

IMAGES

"Pie in the sky", Ginza New Gallery, 2022
"Pie in the sky", Ginza New Gallery, 2022
"Pie in the sky", Ginza New Gallery, 2022

BIOGRAPHY

1958
東京生まれ
2022
アートファンド財団: ファンディング NEUSTART KULTUR特別助成プログラム奨学金
2019
アトリエ奨学制度GOLDBEKHOF e.V.
2008
文化庁在外・新進芸術家海外研修で渡独。以降をハンブルク拠点に制作活動開始。

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。