矢柳剛 矢柳剛

矢柳剛

矢柳剛
矢柳剛

大学中退後、ブラジルのサンパウロに渡り、彼の地で様々な芸術活動に従事する。世界各地を旅した後パリへ移住、銅版画の巨匠であるS.W. ヘイターに師事。これまでに第11回サンパウロ・ビエンナーレ(ブラジル、1957)、第2回フレッヒェン国際版画ビエンナーレ(西ドイツ、1972)、第5回英国国際版画ビエンナーレ(1976)などを含む、国際的な場で幾度となく作品を発表。矢柳剛にとっての美術とは、畏まった空間に鎮座するものではなく、あらゆる生活空間に分け隔てなく在るべきものである。制作の媒体は多岐にわたり、版画・油彩・モザイク画・ステンドグラスからテキスタイル、ファッション・デザインにまで及ぶ。大胆な色面構成、無駄な陰影を排した鮮烈な彩色、明朗なエロティシズムとユーモアで、時代の世相がパスルのように視覚化される。若年期に身体に刻み込まれた豊かなエキゾチズムは、世の中の潮流よりはるか先に、理屈抜きに脱領域を具現してしまっていた。

ARTWORKS

IMAGES

The First Thing to Look at, 2015, Oil and acrylic on canvas
Seafood, 1978, Oil and acrylic on canvas
Nudity and Banana, 1977, Oil and acrylic on canvas
The Mystery of Blue, 1962, Oil on canvas
Root, 1960, Oil on canvas

MAJOR EXHIBITIONS,COLLECTIONS

RECENT EXHIBITIONS

2018
Go Yayanagi: Challenge, Right Now! Move Forward, Whitestone Gallery, Tokyo Ginza New Gallery, Tokyo, Japan
2017
Go Yayanagi: The New Encounter is Art!, Whitestone Gallery, Hong Kong
2014
OPA! A Cheerful Revelation – Junko Koshino + Go Yayanagi, Instituto Tomie Ohtake, Sāo Paulo, Brazil
2013
Micro Salon 2013: Beijing Tokyo Art Project, Beijing, China
2010
Junko Koshino + Go Yayanagi: Genre Crossing, Beijing Tokyo Art Project, Beijing, China
2009
A day, a lifetime; the vestiges of 365 days. And Now, at Tokyo Gallery + Beijing Tokyo Art Project, Tokyo, Japan

 

COLLECTIONS

Pompidou Centre, Paris; The National Library of France, Paris; The Museum of Modern Art of Sāo Paulo, Sāo Paulo, The Rockefeller Foundation, New York; The Los Angeles County Museum of Art, Los Angeles; The National Museum of Modern Art, Tokyo, Kyoto, Osaka; Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts, Tochigi; Meguro Museum of Art, Tokyo; Hokkaido Museum of Modern Art, Hokkaido; Hokkaido Obihiro Museum of Art, Hokkaido; Hara Museum of Contemporary Art, Tokyo; Hyogo Prefectural Museum of Art, Hyogo; Ikeda Museum of 20th Century Art, Shizuoka; etc.

 

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。