「⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社」による告示書について

中国の江東で開催された「国際ポップアート巨匠作品グループ展 你好!波普世界國際波普藝術⼤師作品聯展」に関し、2018年10月26日、同グループ展の主催者である⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社より、「草間彌生版画はWhitestone gallery company limitedの合法的なコレクション」等の文章が記載された記事(告示書)が公表されるに至りました。

当社は⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社の告知書の発表後、すぐさま社内で調査をしました。⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社に対して、草間彌生スタジオから正式に照会を受けた草間彌生オリジナル版画3枚を販売した事実はございますが、同グループに 展示されたその他の草間彌生作品に関し販売した事実は一切ございません。業界の慣習に則って、当社で扱って居る全ての草間彌生の版画作品に関しては草間彌生スタジオの正式な照会を受けた作品です。当社グループは上記の展覧会に一切関わっておりません。

当該告示書は、同グループ展で展示された全ての草間彌生作品をあたかも当社が⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社に対し販売したと誤認させる内容であり、また、当該記事が同グループ展に展示されていた作品は真性ではない、とのオンライン、紙面上での指摘がある中で公表されたものであることから、まるで当社が⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社に対して偽物を販売したと受け止められかねないものであり大変遺憾です。

当社は、改めて、⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社により公表された告示書について、事実に即さない表現の告示書であることを指摘し、⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社に対して、告示書の撤回、事実を歪曲した公示書を公表した事に対する謝罪を求め、訂正された告知書を求めております。 また、当社の信用を著しく傷つけられたことに対して、法的手段を取ることを検討しております。

⼴州微充氧⽂化艺术有限公司社にはすでに弁護士を通して抗議文書を送付しております。関係各位の皆様には引き続き、ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、現況について何とぞご理解賜わりますようお願い申し上げます。

2018.11.01