「具体美術は物質を変貌しない。具体美術は物質を偽らない。…物質を生かしきることは精神を生かす方法だ。精神を高めることは物質を高き精神の場に導き入れることだ」

『具体美術宣言』より

背景
「具体」、正式名称・具体美術協会は、日本における戦後初の前衛的なアーティスト集団である。抽象性を超え、純粋なる創造の可能性を追求することを目的に1954年に結成された。物質の特性を変化させるのではなく、精神と物質との密なる相互作用を語ることにより、究極的にはアート自身が語ることになると強調した。
「具体」という名称は「我々の精神が自由であることの現行の具体的な証明」を意味する。「精神」は各個人に固有であるが、ひとつの大きな全体をも成す。具体は吉原治良によって率いられた若いアーティストたちによって構成された。吉原というカリスマ指導者のもと、若者たちは伝統的なアートの境界に挑み続けた。

発展
グループの進取に富んだ精神にもとづき、その多くの初期作品はパフォーマンスや大掛かりなインスタレーション、ハプニングに重きを置いた。紙を引き裂き(村上三郎)、足で泥を捏ね(白髪一雄)、絵具を詰めたボトルを投げつけ(嶋本昭三)、電気バルブによるドレスをまとう(田中敦子)、などした具体の実践は、戦中の全体主義的傾向に相反する戦後社会の自由な雰囲気を反映していたといえる。
1960年代初めより、具体の焦点は次第に平面作品へと移行する。これはグタイ・ピナコテカの開設と軌を一にしている。グタイ・ピナコテカでは具体作家の作品のみならず、ルーチョ・フォンタナ、ジュゼッペ・カポグロッシ、サム・フランシスといった著名な海外作家の作品も展示された。名坂有子前川強向井修二、松谷武判といった具体の第二世代の作家たちが、型破りの物質や器具を用いてその代表作を作り上げたのもこのグタイ・ピナコテカであった。


第15回具体美術展(1965年 大阪, グタイ・ピナコテカ)
吉原治良(左), ミシェル・タピエ(右)

具体のリーダーである吉原治良は、過去に存在していないようなものを創れ、とメンバーたちに一貫して要求し続けた。吉原はまた、公園や舞台、天空などを用いた展覧会を企画し、従来のアートの枠組みにとらわれない自由な発想を奨励した。具体は海外で高く評価され、その名は1950年代後半より西洋のアート・シーンで広く認識されるようになった。1972年のグループ解散後も、具体の自由な精神は吉原の教えとともに依然として生き続ける。

「具体」その後
具体は2013年のグッゲンハイム美術館(ニューヨーク)における回顧展、それに先行するニューヨーク近代美術館やロサンゼルス近代美術館などの幾つかの展示をきっかけに再評価の兆しが高まり、さらに知名度が広がった。それに伴い、美術市場もこの戦後グループに注目し、サザビーズ香港などが展示即売会などを行っている。