このたびホワイトストーン・ギャラリーでは「サイエンスはアートである」という概念を打ち出し、その世界的権威者である河口洋一郎先生の初個展を開催する運びとなりました。

河口先生は1995年のヴェネツィア・ビエンナーレに隈研吾、崔在銀、千住博、日比野克彦と共に出品。未来のアート像を先取りした作品は高い評価を受けました。その後、学者として東京大学大学院で20年間にわたり教鞭をとり、2018年フランスPrix Bains Numériques にて栄誉賞を受賞、さらにCG界の最高位であるSiggraph Academyの殿堂入りを果たされました。コンピューターを使い生命の進化の過程を究明する研究に没頭、5億年前の生命体からグロース(自己組織化)モデルを創出し、現時点から5億年後の生命の姿を立体造形することに成功されたのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチは科学者であると同時に優れたアーティストでもありました。河口先生は、サイエンスとアートが対峙し相互に刺激し合う、アートの歴史上未踏の境地を現出させました。

多くの方々にご来場いただき、10億年の時空の旅を楽しんでいただければ幸いです。

  • スーパーエギーちゃん
    2011
    120.0 × 80.0 × 80.0 cm
    FRP

  • 金色のエギーちゃん
    2018
    27.0 × 14.0 × 13.0 cm
    FRP 漆塗

  • ブルーピンクのエギーちゃん
    2018
    27.0 × 14.0 × 13.0 cm
    FRP

  • スーパーエギーちゃん
    2011
    120.0 × 80.0 × 80.0 cm
    FRP
  • 金色のエギーちゃん
    2018
    27.0 × 14.0 × 13.0 cm
    FRP 漆塗
  • ブルーピンクのエギーちゃん
    2018
    27.0 × 14.0 × 13.0 cm
    FRP