ホワイトストーンギャラリー銀座本館では、小松美羽展「祈り」を開催致します。今年の24時間テレビチャリTシャツのデザインを手掛けた小松美羽による2020年東京での初個展となります。祈りの絵画を描き続ける現代アーティスト小松美羽の世界を存分にご堪能ください。

1984年長野県生まれ。豊かな自然環境での生き物たちとの触れ合い、その死を間近で看取るという幼少期からの経験が独自の死生観を形成。女子美術短期大学在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、有田焼などに制作領域を拡大。パフォーマンス性に秀でた力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。2014年には出雲大社へ作品を奉納。2015年有田焼の狛犬作品が大英博物館へ収蔵される。小松の国際的な評価はますます高まり、その作品はワールド・トレード・センターへ収蔵、自身も『ヤング・アーティスト・オブ・ジ・イヤー』に選出(2017)、クリスチャン・ディオールのオフィシャル・アンバサダーへの就任。2019年初めて制作したVR作品がベネチア・ビエンナーレシネマ・VR部門にノミネート。日本の美術界へ衝撃を与え、多方面でその存在感を増している。

小松美羽展来場予約に関して
新型コロナウィルス感染拡大防止のため展示会の来場は予約制とさせて頂きます。
観覧は30分の入れ替え制とし代表者様の1名の予約で同行者1名までご来場可能です。
同行者は予約人数に含めないで下さい。時間厳守でお越し下さい。
入場の際は、受付にて代表者様のお名前をお伝え下さい。
ご予約のないお客様は入場頂けませんので、ご注意下さい。
また、入場は無料です。

ご来場者様へのご協力のお願い
① 完全予約制
② 各回(30分)での入れ替え制
③ 入り口での手指消毒
④ マスクの着用
⑤ 本人確認の実施
⑥ 再入場不可
⑦ スタッフによる誘導

来場予約はこちらから