ホワイトストーンギャラリー台北は、小松美羽個展『スピリチュアル・ガーディアンズ(霊的な守護神たち)』を開催致します。作家にとって初の台湾個展であり、オープニング時の在廊を予定しております。

台湾のメディアでも紹介されたとおり、アニメ映画の傑作『千と千尋の神隠し』の主人公・荻野千尋とそのキャラクターを重ねられることの多い小松美羽の作風は、彼女の幼少時代に遡ることができるでしょう。動物たちとのふれあいのなかでその死を看取ることの多かった体験が、作家独自の生死観を形作りました。神話上の多数の生物を描くことにより、作家は際立った神秘的宇宙を構成していきます。

台北における今個展では、小松の最新作のほか、モバイル・ビデオゲーム『テラバトル2』とコラボレーションした狛犬シリーズ、台湾にインスパイアされた絵画なども展覧致します。なお、作家はオープニング後短期間在廊し、台湾の皆様と世界観を共有しながら、その鮮やかで深い精神性のダイナミズムへと誘います。尽きることのない想像力に溢れた小松美羽の世界をご体感頂きますよう、ここにご案内申し上げます。

  • 夜光神獣
    2017, 219.5 × 291.3 cm

  • 吽獅子 最終形態
    2017, 162.1 × 130.3 cm

  • 阿獅子 最終形態
    2017, 162.1 × 130.3 cm

  • 双龍・法具の雨
    2017, 240.0 × 445.2 cm

  • 夜光神獣
    2017, 219.5 × 291.3 cm
  • 吽獅子 最終形態
    2017, 162.1 × 130.3 cm
  • 阿獅子 最終形態
    2017, 162.1 × 130.3 cm
  • 双龍・法具の雨
    2017, 240.0 × 445.2 cm