『クリティカル・ポイントとは、自然に対する人間の発展の臨界点です。超越は破壊を意味します。時の流れが速い中では、自然の激変を感じ取ることができないかもしれません。しかし、地球に対する社会的圧力はかつてない程のレベルにまで上がっていることを考えてみて下さい。何という状況でしょう。』 -チェン・インジェ

ホワイトストーンギャラリーは、この度、中国人作家チェン・インジェの新作による個展『クリティカル・ポイント』を開催いたします。台湾では初めての個展となります。「重力」と「雲に隠れる龍」シリーズから12点の新作を展示いたします。インジェは、パンデミックの最中に、自然と人間のアンバランスな関係にインスピレーションを得て、「重力」と「グラフィティの世界における中国山水」を制作しました。

中国水墨画と西洋のグラフィティを結合させ、チェンは生れ出る感情を、直接的な制作方法により表現しています。伝統的な中国の水墨画で使われる筆を捨てただけではなく、西洋絵画のアクリルとスプレーペイントを使用し、飛び散らす、スプレーするといった大胆な制作方法を用いています。鮮やかな色と激しい線を通じて、伸び伸びとした身体性と同時代性をあらわす独自の中国山水の解釈を表現しています。また、蛍光色の絵具を「グラフィティの世界における中国山水」に加え、闇に紫の光を描き、中国と西洋の文化の融合の繊細な緊張をより強めています。

チェン・インジェ
1991年中華人民共和国広東省仏山市にて生まれ育ち、現在も同地に在住し制作を続ける。ラッフルズ・デザイン・インスティテュート・シンガポール卒業。パリ、ロンドン、香港、上海、北京、シンガポールを含む数多くの都市にて個展を開催。台北での今展の他、『自然のバランス』展をベルギー・ギャルリー・マゼルにて開催中。また、サザビーズ香港ギャラリーにて5月22日まで『ブレイキング-龍シリーズⅡ』を展示中。チェンの作品は、著名な国際的コレクターであるホノルル・コンテンポラリー美術館、WWF香港、キャピタランド・グループ・シンガポール等が所蔵。カルティエ、BMW、ルイ・ヴィトンを含む高級ブランドとコラボレーションを展開している。