虹という言葉は、心の現況と強く共鳴している。だからこそ虹は私の象徴的なコミュニケーション言語となり、作品上に徐々に現れ始めたのです

—江上越

ホワイトストーン・ギャラリー軽井沢では、江上越の新作個展「にじいろ」を開催いたします。今展は2019年ホワイトストーン・銀座新館での個展「君の名は」に続く、日本国内で2回目の大規模個展となります。2020年度制作の新作34点を展覧いたします。

1994年千葉県生まれ、現在、中国・北京の中央美術学院博士課程に在籍する江上越は、2020年には「フォーブスが選ぶ世界を変える30人/Forbes 30 UNDER 30」(Forbes China)に選出されるなど、国際的に目覚ましい活躍をしています。江上の絵画は、半透明の筆跡で簡略化された一連のポートレイトも含め、豊かな色彩とシンプルな構図で描かれており、それらはしばし、グリッジ(コンピュータ上のデータ干渉)と繋がっているかのような、より広汎な物語性(ナラティヴ)を髣髴とさせます。しかしながら、さらに抽象的でバラエティに富み、かつ重複しあう形態を含んでいます。高度な技術を駆使して繊細に描かれているものの、直観とプロセスを強調した深く個人的な作品に仕上がっています。作品タイトルも鑑賞者との一種の遊戯であり、型破りな黒と茶がそこに加わることで、鑑賞者の体験により複雑で魅惑的な層(レイヤー)をもたらすことになります。

この機会に是非ご高覧下さいませ。