この度Whitestone Gallery Karuizawaでは、Eelco Maan(1962-)のアジア初個展「In the domain of the soul」を開催いたします。
Eelco Maanは1994年からオランダを拠点に作家活動を始め、音楽や禅の瞑想をインスピレーションに描く抽象画を発表しヨーロッパで人気の画家です。彼の作品は暖かく、神秘的な淡い色調、完全性をもたらす構図など、そのフォーマリズムの要素が独自のハーモニーを生み出すことが特徴です。しかし何気ないものに見える一つ一つのブラシ痕は、「様々な画材と技法の騒々しいラプソディ」と本人が語るように、今日まで本人が研究してきた絵画の最重要要素であると言えます。
現代の抽象画の新たな展開を是非ご高覧くださいませ。

  • Choral
    2016, mixed media on canvas,
    120.0 × 120.0 cm

  • Passage
    2016, mixed media on canvas,
    130.0 × 105.0 cm

  • Choral
    2016, mixed media on canvas,
    120.0 × 120.0 cm
  • Passage
    2016, mixed media on canvas,
    130.0 × 105.0 cm