日本が世界に誇る現代美術の巨匠。幼少時より幻覚に悩まされ、それを乗り越える手段として絵を描き始める。京都で日本画を学んだ後、1957年に単身渡米。主にニューヨークを拠点とし、1973年に帰国するまで、後に代表作となるネットペインティング、集積によるソフトスカルプチャー、ハプニングなど、常に新しい時代の先駆けとなる活動を行う。帰国後は小説や映画などメディアへの露出で知名度を得るが、画家としての国際的な再評価は1993年第53回ヴェネツィア・ビエンナーレでの個展が契機となる。1993年には直島に巨大な南瓜の野外彫刻を設置(ベネッセハウス)、新観光スポットとして注目される。MOMA(NY)、ホイットニー美術館、ポンピドゥー・センター、テート・モダンなど世界各地の代表的美術館での個展は枚挙に暇がない。フランス芸術文化勲章オフィシエ、旭日小綬章、松本名誉市民、文化功労者、などに選出される。なお、草間を代表するモチーフである「南瓜」は、松本市の実家が種苗業者であったことがルーツである。

作品収蔵:
アート・インスティテュート・オブ・シカゴ、ニューヨーク近代美術館、ボストン美術館、ホイットニー美術館、ナショナル・ギャラリー・ワシントン、アムステルダム市立美術館、テート・モダン、ルードヴィヒ美術館(ケルン)、ノイエ・ナショナル・ギャラリー(ベルリン)、ポンピドゥー・センター、クィーンズランド・ギャラリー・ブリスベン、台北市立美術館、金沢21世紀美術館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、十和田市現代美術館、松本市美術館、ベネッセハウス直島コンテンポラリー・アート・ミュージアム、など多数

Selected Artworks

  • Pumpkin

  • Petals

  • PUMPKIN – BLACK