2008年よりドイツのハンブルクに在住し制作をつづける。武蔵野美術学院で版画を学び、広告代理店・障がい者施設などに勤務する傍ら制作を始める。写真などをコラージュ的に用いたオブジェから出発し、和紙やテキスタイル、オイルパステルによる現在のスタイルへ行き着く。自己を内省し他者との関わりまでを深く掘り下げたテーマ、不思議な表情を湛えたモチーフ、散文的なタイトルなど、忘れがたい余韻の残す作風は高く評価されている。1997年と98年、作家の登竜門とされる「VOCA」展に2年連続で推挙され、以後国内はもとよりドイツを中心とした欧州各地、南米などで展示を行う。2011年よりFUKUSHIMAをテーマとしたプロジェクト『TEGAMI』を発信。

作品収蔵:
栃木県立美術館、ラインキング・コレクション(ドイツ)、ジャパン・エナジー・コーポレーション、など

Selected Artworks

  • おきざりにされる I

  • 心のどこかで

  • なにをしてきた? I