1920 – 2018

具体が国際的な再評価を受けたとき、すでに90歳を超えていたという最高齢。嶋本とは対照的に、入念に造りこまれた絵肌、内へと向かうエネルギーの集積が魅力。クレーン運転手、京染の職人修業などを体験しながら、独学で南画をはじめ、後に油画へ変更。吉原治良と出会い、具体美術協会のすべての展覧会に出展を果たす。ペインティングナイフで丹念にパターンを塗り重ねた平面作品のほか、微細な縫いを施した布作品、おがくずや木を用いた彫刻など、若年期からの職業体験が多様な作品へと直結している。

作品収蔵:
大阪府立現代美術センター、芦屋市立美術博物館、トゥールーズ近現代美術館、ラチョフスキー・コレクション(ダラス)、など

Selected Artworks

  • Untitled UM-10

  • Untitled UM-13

  • Untitled UM-7