塩沢かれん 塩沢かれん

塩沢かれん

塩沢かれん

1998年神奈川生まれ。幼少期の数年間をオランダで過ごした塩沢かれんは現在、東京造形大学大学院に在学中。作品を媒介としたコミュニケーション領域の拡張を一貫して模索。幼少期の記憶や日々の生活のなかでの感覚を平面に落とし込むほか、視覚以外で認識する世界の表象をめざし、音や光、立体など五感に働きかける表現形態を開拓している。国立新美術館で開催されたアジア創造美術展2018にて、最優秀造形賞受賞。


「現実の本当の世界」。それはかつてあったかもしれない世界の記憶かもしれないし、まだ見たことのない未来の姿なのかもしれない。​私の作品に触れた人は、無数にあるかもしれない世界を認識し、その世界の隙間から見え隠れする眩しくて計り知れない広がりに憧れや懐かしさを抱きながらいくつもの想像の扉を開くことができる。​​人々の意識と意識、認識と認識の橋渡し的な働きをしながら、現実社会の中で気づかない心の声を拾い上げるような作品を生み出していきたい。 ー 塩沢かれん

ARTWORKS

IMAGES

2019 郷愁
2020 水都の楽園
2020 光の回廊
インスタレーション
インスタレーション

ONLINE EXHIBITIONS

YOUNG ARTISTS

2021.08.27 - 10.02

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。