京森康平 京森康平

京森康平

京森康平

京森康平は、古今東西のあらゆる造形物に見られる装飾を現代の視点から再解釈し、平面作品に引用することによって独自の視覚言語の構築を目指しています。人間が自らの手によってつくりあげ、そして誰かの視覚に訴えるという、その装飾のあり方そのものに深く共感する京森は、陶芸や建築、衣服や印章等における装飾の役割や性質へ徹底したリサーチをかけ、それを手工芸的な考え方に根ざした制作技法によって作品化します。装飾における思想や美学、その歴史を振り返りながら制作される京森の作品は、デジタルシフトによってますます人間が手を使わず、またモノを離れていく現代において物体としての造形や表現の価値、自らの手によって何かを生み出すことという、根本的な人間の活動について問い直す機会を提示します。

ARTWORKS

IMAGES

ONLINE EXHIBITIONS

京森康平: We can always talk here

2021.10.08

MAJOR EXHIBITIONS,COLLECTIONS

EXHIBITIONS

2020
"-REP.- " BAF STUDIO , Tokyo
"AWAREBI" WATOWA GALLERY , Tokyo
2019
"DESIGNART 2019" TOMORROWLAND x KOHEI KYOMORI, Tokyo
"AWAREBI," Fukasaku Gallery Roppongi, Tokyo
"A-UN" THE MICRO MUSEUM,
2017
"enso flowers" MIDORI.so2 Gallery, Tokyo

 

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。