金 澄子 金 澄子

金 澄子

金 澄子
金 澄子

兵庫県生まれ
師である嶋本昭三氏の言葉で「人生は自分が楽しむ事である」と言っていった言葉が、私の今の芸術活動の原点となっています。まず自分が楽しまないと、人には伝わらない。また、嶋本先生に出会えたことが、私にとっての人生の中で、一番の衝撃的なことあり、作品づくりもこの「衝撃」をテーマにしています。この「衝撃」をテーマに20年ほど前から、スタイロフォーム、発砲スチロール等に油性塗料及び水性塗料を投げつけて、制作をする作品を作っています。制作途中で作品が溶け行き、変化していきながら、完成が想像出来ないところに、制作段階で、楽しみがあり、未確認な完成度に人生観がある作品です。皆様にも衝撃的で未確認な人生観を楽しんでいただければ幸いです。


1984年、世界4大アーティストの一人、前衛芸術家 嶋本昭三(元具体美術協会)に指示し、現代美術を学ぶ。現代芸術国際AU(Art Unidentified)の会員となる。国内・海外等の展覧会出品等、画家としての活動のほか、リゾート開発、商業ビル、住宅の新築からリフォーム等まで、あらゆるジャンルのスペースデザインを手掛ける。

ARTWORKS

MAJOR EXHIBITIONS,COLLECTIONS

EXHIBITIONS

2019
[LOVE/ART/AU] Dalmeier Cafe, 大阪中之島 ダイビル本館
[Yayoi Kusama Exhibition: Festival of Contemporary Art] 京都
[具体: AU exhibition to live in the present age] (大丸心斎橋 Art Gallery/大阪)
2018
[JINGIA.S.KIM] 個展(Karuizawa NEW ART MUSEUM Gallery 2/長野)
[現代芸術国際AU展](兵庫県立近代美術館/日本)
2017
[草間彌生と現代アート展](水戸京成百貨店/日本)
[現代芸術国際AU展](兵庫県立近代美術館/日本)
[嶋本昭三×AU展](whitestonegallery/台湾 台北)
[嶋本昭三×AU展](Artglorieux GALLERY OF TOKYO/ギンザSIX 日本)
2016
[選抜AU展in軽井沢](Karuizawa New Art Museum/日本)
[現代芸術国際AU展](兵庫県立近代美術館/日本)
2015
[創立40周年現代芸術交際AU展in神戸ポートタワー](神戸ポートタワー)
[AU展inナポリ](Hermann Nitsch美術館/イタリア)(Fondazione MORRA主催)
2014
[AU小品展](アートスペース/西宮)
2003
[ベニス国際AU芸術ビエンナーレ展](イタリア)
2002
[日中韓三国志] 現代美術三人展神戸/フェリシモ美術館
[2002仙台現代芸術展]<受賞>(仙台市現代美術館/日本)
2001
[現代芸術国際AU展] <受賞>(兵庫県立近代美術館/日本)
[第20回今立現代美術紙展]<受賞>(いまだて芸術館/日本)
1997
[AU展inベルギー](ブルージュ工場跡/ベルギー)
[メールアートツーリズム] 嶋本昭三氏とベルギー、ドイツ、スイス、フランスのそれぞれの国で、それぞれの国で交流展を行う。
1995
[ 復興ライブペイント] 阪神淡路大震災の震災後の解体工事現場の養生壁に、現代芸術の作品を描く企画を依頼され、鷲見康夫氏他20人のアーティストと共にライブペイントを行う。(兵庫県芦屋市)
1994
[現代芸術国際AU展](東京都立美術館/日本)
1986
G.A.カベリーニとパフォーマンスを行う(大阪市)
1985
[メールアートツーリズム]嶋本昭三氏と東ヨーロッパを中心に2ヶ月間に渡り、ユーゴスラビア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロバキア、東ドイツ、ベルギーのそれぞれの国で交流展を行う。
1984
[ロフト尼崎展]尼崎の工場跡にてパフォーマンス

 

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。