ARTICLES

作家・前川強にとっての具体美術とオリジナリティ

具体美術協会に関して発行された書籍『GUTAI STILL ALIVE 2015 vol.1』をデジタルアーカイブとしてお届けするシリーズ企画。第12回目は「具体第2世代」と呼ばれた前川強と、美術史家の本江邦夫の対談をご紹介。前川が見た吉原治良の素顔や、具体において重要視されていたオリジナリティについて語り合われた。


具体第二世代と呼ばれた作家が語る 具体美術と吉原治良の素顔

前川強×本江邦夫 対談


いま、具体美術が再び脚光を浴びている。国内外の美術館で「具体」の作家が紹介される一方で、オークションでも高値が続出。リーダーの吉原治良、白髪一雄、田中敦子などはすでに故人となったが、上前智祐をはじめ、具体解散後も制作を続けるアーティストに注目が集まる。今回は、「具体第二世代」と呼ばれた前川強氏をゲストに迎え、「具体」の正体に迫る。


モダンアートから具体へ


本江 すごく垢抜けてますよね、前川さんて。画家というよりデザイナーみたい。

前川 実際、グラフィック・デザイナーをしていたこともあるんです。

本江 やっぱり! ところで前川さんは具体美術協会の第8回展から参加されていますけど、まずは具体に入られた経緯から教えていただけますか?

前川 始めはモダンアート(協会)に憧れて、2、3回だったと思いますが、出品していたんです。高校の先輩に早川良雄さんとか中村真さんがいて、アトリエや家に遊びに行ったりもしていました。そのうち、同じモダンアートに出品していた嶋本昭三さんや上前智祐さん、鷲見康夫さんとの縁ができて、彼らが具体美術協会に出品していたこともあって、具体美術の存在を知るようになったんです。それで「一回、吉原さんに作品を見せたほうがええちゃうか」という流れになって……。

本江 どんな印象でしたか、初めて見た具体の展覧会は。

前川 「おもしろいとこやな」と思いました。他のグループとは全然違っていて…。

本江 誰でも出品できたのですか?

前川 出せるには出せますけど、吉原先生に見てもらって、「いい」ということになれば、正式に出せるという形でしたね。

本江 そうだったんですね。ところで、吉原治良の自宅にトラックで作品を持ちこんで、門を壊してしまったというのは本当ですか?

前川 そういえば、そんなこともありましたね。でも、少々壊れてもわからないくらい古い家でしたから…(笑)。

本江 そのとき何歳でしたか?

前川 高校を卒業したばかりでしたから、19歳でした。

本江 ずいぶん早熟だったんですね。具体発足が1954年で、前川さん(36年生まれ)が会員になったのは61年。資料によると松谷武判(37年生まれ)、向井修二(40年生まれ)らとともに「具体第二世代」という位置づけですね。当時、吉原治良は50歳くらいということになりますね。

前川 始めに具体を認めてくれたミシェル・タピエ(仏・美術評論家)が当時、「これ以上メンバーを増やすな」というようなことを吉原さんに言うてたらしいのですけど、少しマンネリ化してきたので、「それじゃあ、若いのを入れようか」ということになったようですね。会員になるのに、4、5年かかりました。

本江 それ以来、ずっと具体ですか?

前川 解散するまで具体一筋でした。


在りし日の具体美術


本江 当時の具体のことを教えていただけますか?

前川 私が出品し始めた頃、「アイデア」というデザインの雑誌で具体美術が特集されたことがあったんです。「これはもう、アートを超えたものや」と思いました。それぐらい不思議なグループやったんですよね、具体は。具体に出会う前はいろんな画廊に行ったり、公募展を見に行ったりしてましたけど、具体に入ってからはないですもん。絶対的に違うものが具体にはありますね。

本江 そんなに…。何がそんなに違っていたのでしょうか?

前川 グループそのものが独特というのももちろんありますけど、メンバーそれぞれが自分のカラーや才能を完璧に持っていたんですよね。白髪(一雄)なら白髪、元永(定正)なら元永と…。そこまではっきりした違いが出ているグループは、先にも後にも具体の他にないですよ。

本江 前川さんは最後までずっと具体にいたんですか?

前川 はい、20代の頃からずっと。

本江 そういう会員は珍しいのですか?

前川 いえ、途中でやめた人のほうが少ないかもしれませんね。65年に田中敦さんと金山明さん、あと大阪万博のときに色々あって、元永さん、村上三郎さんがやめたくらいですかね。万博が終わって2年くらいしてから

吉原先生が亡くなられて、それでもう仕方ないから、諦めようということで解散したんです。

本江 吉原さんはやはり絶対的な存在だったんですか?

前川 絶対的でしたね。年齢的にもそうですし、当時から有名な人でしたから。

本江 じゃあ、吉原さんと前川さんが激論したりすることはなかった?

前川 激論したことはないですね。向こうにしてみたら子ども相手みたいな感じでしょう(笑)。でも、子ども扱いされたことは一度もありませんでした。「絵を見てほしい」とお願いしたら、仕事をほったらかしてでもちゃんと見てくれましたね。

本江 どんな状況だったんですか? 吉原さんに絵を見せるときというのは…。

前川 中ノ島の本宅や芦屋の別荘によく集まっていました。畳の上にみんなで座って、話を聞いていましたね。それから、本宅の中庭に蔵があるんですけど、そこに会員の目立つような作品をしまっておいて、外国からお客さんとかが来るとそれを並べて、見せていました。

本江 メンバー間は、どうでしたか。互いに刺激し合うような感じですか。

前川 「今度の展覧会で誰が一番良かった」とか、そういう話はよくしてましたけど、常日頃、刺激し合うような間柄ではありませんでした。具体は他のグループに比べて、あまり制作についての話をメンバー間でしないんですよね。あくまで、吉原先生に見せる、という感じで…。むしろ、展覧会までお互い秘密にしておくわけです。競争意識がとても強かったのだと思います。

本江 ところで、一時期、ヨーロッパで具体が話題になって、日本からパフォーマンス系の作家がたくさん向こうに行きましたよね。そんなこともあってか、「具体」というとパフォーマンス系の作家の印象が強いようなんですが、そのことについて、前川さんはどうお考えなんでしょう。

前川 個人的には「絵の方で行きたい」というのが元々あったので、わりと冷めた目で見てきましたし、僕が具体に入った頃は、みんなそういうのをやめて、絵を描いていたように思いますけどね。

本江 最初は色々あったけど、最終的に全体として絵が中心になったということですか。

前川 最初の頃の野外展とかはなくなりましたね。そういえば、この間のグッゲンハイム美術館の具体展でも再現したんですけど、第11回の具体展で〈カードボックス〉というのをやっていたんです。

本江 カードボックスですか?

前川 中に人が隠れていて、箱の中に10円を入れるとカードを出してくれるんです。最終日に会員の人たちに「お前もやっとけ」って言われて、最後にお金を入れたらこのカードが出てきたんです。

本江 これは吉原さんの字ですか?

前川 吉原先生は僕を驚かせようとして、一生懸命やってくれて…。他にそんな推薦状もらった人なんていないですよ。僕だけが、もらったんですわ(笑)。

本江 中にいた人しかわからないエピソードですね。吉原治良さんの人間性を物語る、いいお話だと思います。


ドンゴロス(麻布)を使った制作


本江 ご自身の制作についてお伺いします。ドンゴロスと言うのかな、粗い麻布をよく使われていますけど、これはいつ頃からなんですか?

前川 粗野な風合いがもともと好きで、モダンアートでもそんな感じの作品を出していたんですが、麻布を襞に切ったような作品は62 年頃からだと思います。ただ、ドンゴロスを使っている作家は何人かいますから、それとは違うことをやろうと、四苦八苦しましたね。

本江 これは縫っているんですか。

前川 布団針で縫っています。でも、後でボンドでも充分くっつくとわかったんですけど(笑)。

本江 「つまみ縫い」って、どういう縫い方なんですか?

前川 布をつまんでミシンで縫うんです。つまんだ分の縁がどうしても余りますでしょ。それを伸ばして、平面に引っ張ってやるんですよ。これを見るとわかるかな?

本江 どこを縫っているんですか? あー、よく見るとわかるね。本当だ、縫ってありますね。

前川 しばらくすると縮むんですよ。それでどこかに皺がいくんですけど、引っ張っているうちになくなってしまんですよ。大変なんですけど、面白いんです。

本江 確かに大変な作業ですね。ところで、80年代に随分賞をとっていますよね。

前川 このシリーズでたくさん賞をもらったんです。皺を全部、縁に逃がしてしまう、失くしてしまうという技法が話題になりました。また別の作品は、くしゃくしゃにして絵の具をいっぱいのせるんです。ざっと混ぜて引っ張ったら隙間ができて、面白い空間が生まれるんです。

本江 なるほど、これは具体の後ですか。

前川 そうですね。具体が終わってから、自分でやることを決めていかないとならんので、これを始めたんです。こればっかりはできないから、変えていきましたけど。

本江 前川さんはどうして、こうまでして画面に凹凸を出したいんですか?

前川 ドンゴロスを使う他の作家と違いを出したいというのが一番ですね。絵の具を塗ったり、彫ったり、皺を見せる人もいますし…。僕の場合はドンゴロスに、ボンドを染み込ませるんです。すごい形になるんですよ。その特性を活かした表現を追求した結果といえると思います。

本江 ドンゴロスは買うんですか?

前川 今は買いますが、昔は簡単には買えませんでしたので、米袋とか使い古しの袋を分けてもらって使っていました。それもまた面白かったですけどね。ドンゴロスを膨らすだけの作品もあったんですけど、「あれ、これは誰々みたいや」とか色々意識してしまったので、しばらく倉庫に入れておいたんです。それを引っ張り出してきて、破ってみたら、面白い形ができたんです。それから始まったんです。穴をあけるのはね。

本江 なるほどね。

前川 これなんかは、網をつなぎ合わせましてね。それで生地は自分で染めているんです。ええ色でしょう。

本江 形の根拠は何ですか?

前川 単純化ということですかね。できるだけ単純にしてあまり使われていない形にするという。

本江 具体的な何かを見て簡略して抽象にするということはないですか?

前川 ああ、そういうのはないですね。あとで結果的に、山に見えたりとかそういうのはありますけど…。

本江 瀬木慎一さんがあるエッセイで前川さんについて「人間は皮膚であり、世界は表皮であり、絵画もまた表面であるというこの画家のコンセプト」と書いているんですよ。感心したんですが、これは前川さんの言葉ですか?

前川 いや、それは、瀬木さんがそう感じてくださったということでしょうね。ありがたいことです。


具体の再評価


本江 今になって、また具体が脚光を浴びていますけど、それについてはどう感じてますか?

前川 夢みたいですね。吉原さんがよく冗談で言うてましたよ。「今に売れるよ」って。本当にその通りになりましたね。何十年も経ってからですけど(笑)。

本江 やめようと思ったとはなかったんですか?

前川 一度もないですね。なんだろう。逆にコンクール出して、落選したら、がっかりもするけど、余計やる気が出ますよ。

本江 具体のアーティストだというプライドもありますか。

前川 もちろんそれもありますけど、一人でもそうだったでしょうね。でも、具体だったことは、僕にとってほとんどすべてだったと思います。

本江 芸術家としての精神性が高いんでしょうね。

前川 自分らがやっていることが外国で認められたこと、それは大きな自信になりましたね。「浮世絵以来だ」って向こうの人はよう言うてくるんですよ。「具体はオリジナル性があるから、これこそアートや」というふうに、他のはみんな誰かの真似やと。これはルノアール、これはユトリロ、これは誰や、みたいに…。

本江 海外でも評価が高いですからね。

前川 ヨーロッパで同時的に発生したアンフォルメルの人たちは、当時は「具体が自分たちを真似している」くらいのことを言うてたんですが、今になって「やっぱり認める」と言ってますしね。「この作品はアンフォルメルの作品のオマージュか」と言われても、「いやいや具体の方が古いぞ」というのが今でもよく出てくるんですよ。ですから、そういう誇りみたいなね…。自分の作品でなくても、具体のメンバーの作品が高く評価されるのは素晴らしいと思うし、いつもその中にいてたいという気持ちはありますよ。

本江 今、具体の作品展を見ても古さを感じないですよね。それはやっぱり具体のオリジナリティなのかな。

前川 「それがオリジナルやなんて、なんでわかるの? 世界は広いのに。どっかでもうやってるかもわからんやん」と昔言われたことがあるんです。そうやって、初めから諦めているんですよ。たまたま、同じことをやっている人がいたとしても、そこは戦えばいい。それが、僕だけやない、具体の作家特有の気概とか理念やと思います。

本江 なるほど、各々の作品に込められたそんな思いが再評価を生んだのかもしれませんね。今の若い画家たちにぜひとも聞かせたいお話でした。今後もご活躍を期待しています。今日はどうもありがとうございました。

(月刊美術8月号2013年に掲載)


“具体美術協会”の詳しい紹介はこちら
GUTAI

Subscribe Our Mail Magazine

If you chose to subscribe to our newsletter, you will receive the latest news and exclusive offers by email.

RELATED ARTICLES

FEATURES

  • ART NEWS

  • GUTAI STILL ALIVE

  • INTERVIEWS

View more

MAIL MAGAZINE

メールマガジンへご登録の方には、オンラインエキシビションの告知など会員限定の情報をお届けします。